派遣社員だもん社会保険に加入したくない!

派遣会社のスタッフから社会保険加入の手続きのお知らせが来たんだけど、
手取り額が減ってしまうから社会保険料をひかれたくない!
加入を拒否することってできるのかな〜?

 


 

そんな風に思っている派遣の方もいらっしゃるかと思います。

 

 

正社員でも社会保険に加入させてもらえないブラック企業も多い中、派遣社員でも条件を満たせば社会保険に加入することができるのは良いことなのですが、嫌な方がいるのも事実です。

 

 

では実際に、加入を拒否することは可能なのでしょうか?

 

答えはノー
答えは基本的にはノー!です。

 

とはいえ、誰も彼も加入しなければいけないということではなく、以下に示す加入条件を満たしている場合に加入しなければならないことになっています。

 

あなたが所属している派遣会社が、社会保険に加入している事業所であることが前提です。

 

社保加入条件

  1. 1週間あたりの労働時間が20時間以上
  2. 1ヶ月あたりの賃金が88,000円以上
  3. 雇用期間の見込みが1年以上
  4. 学生でないこと

 

これに該当するとあなたも社会保険に加入しなければなりません。良くわからない…と言う場合は、派遣会社のスタッフに相談してみましょう。

 

 

社会保険に加入した場合のメリットには

  • 将来もらえる年金額が増える
  • 万が一の場合、傷病手当や出産手当金制度を利用できる
  • 社会保険料の半分を会社が負担してくれる
  • 雇用保険に加入していれば退職後に失業保険を受給できる

 

このようなメリットがあるのが社会保険です。目先の手取り額に惑わされるのではなく、長い目で見てみれば加入しておいた方がメリットが大きいことが多いので、良く検討してみることが大事です。

スポンサードリンク